2009年11月24日

日月逃避行 デッキ対策1 宙単

格ゲーのキャラ対が負けパターンの分析である以上、リセでも同じことが言えるはず。
もうすぐ環境変わるけどチラ裏として残します。


<宙単とやってての負けパターン>
1 打点レースに出遅れる

『負ける』ではなく『出遅れる』。
そもそも曹操をはじめとした高打点キャラ満載の宙にAF並べ合いなんてしてたら間違いなく不利ですよね。
だから序盤はとにかく打点を通して、追い付こうとする相手を妨害していくパターンが安定かな〜なんて。

ぶっちゃけ初手曹操されるだけでキツイんですが、まあ先手でAP4移動持ちを置かれるのがデフォ。
しかもこちらはデッキ的に後攻を選ばざるを得ない場合があるから厳しい。
たぬき寝入りの有無を確認できるまでは逃避行撃ちづらいので、序盤は月コストを優先して切っていく。
あとはアンゼリカと観鈴の使い方。アンゼはなんとなく使うと死ぬので必要なときだけ。タイミングは経験でマスターってことでww
あと観鈴コストに逃避行撃つと打点がめちゃくちゃ厳しくなるので経験で(ry


《対策カード》
@リリアン先生
A喝!!!!!!#
B遠山翠
あとは宙確認から亜多良で曹操指定は宙側としては辛いって宙使いから聞いた。
字数制限が
posted by KEIN at 11:40| Comment(1) | TrackBack(0) | Lycee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今4/4デッキの宙単使ってるけど、ぶっちゃけAP4以上がAFに並べ切れるんだったら曹操は禁止されても全然大丈夫。アバディーン、魔王と同じスペックがいるしね。
そこまで打点差が広がるんだったらさすがに巫女もチャンプになるだろうし。
俺的に辛いのはリリアン搭載でさらに入れ替わりかな、やっぱり。
リリアンはドロー差で並ぶ前に出されるとまじやばい。


出遅れる原因としては後攻選ぶ以上に手札の重要性じゃないかな。逃避行デッキはブラフ込みで手札を二枚以上、さらに混色、というデメリットが相手に情報として知られてる。
逆に宙側は最悪たぬき一枚を抱え込み、打点差を以下〜同じにしておけば懸命差で勝てるから怖いのはピンポイントルポレポ。

というかリリアンで無いと蒲公英ない限り打点負けるよねー
Posted by まーしー at 2009年11月24日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。