2010年09月30日

EXVS その1

システム:ガンネクに比べブーストが大幅に減少。ガンネクの感覚で飛ぶといつのまにかブーストが半分くらいになってるとかザラ。
格闘の伸びが全体的に強化されてるらしく、近距離でのぶっぱ格闘が機能しやすくなってる。つまり近距離は格闘の処理が今まで以上に大切になった。バクステライフルに必要なブーストが尋常じゃないので横ステでよけたい・・・避けられない格闘もきっとあるんだろうけど^^



Zガンダム:見どころはハイメガの一言。

BR:6発で打ち切り手動リロード、BDしないで3連射まで可能。リロードの隙がでかくなったことと、連射の間隔をあけづらくなった?今回の航続距離の短さからして飛んでる間ずっと撃ってることはおそらく可能。2・2・2で分けて1発ずつの間隔もなるべくディレイかければひどい弾幕を張れる。威力も単発70と申し分ないので、2500コストのBRとしては上位の性能だと思う。ガンネクで使えたリロード関係の小ネタが使えないか検証する必要あり。ただ射角は相変わらずっぽい。

グレネード:2発打ち切り時間リロード。弾速・誘導ともに前作と変わらないが、威力がかなりアップ。2発で130くらい減るらしい。着地取りと追うときの弾幕に混ぜて。ダウンとれる武装なのでハイメガかグレネのどちらかが残っているように弾数管理するべき。でないと自衛できません。

ハイメガ:鬼のような銃口補正と誘導・弾速で着地は楽勝でとれる。あまりの銃口補正の強さに、近距離での選択肢としても機能。着地にステキャン混ぜられると当たらないが、着地にハイメガ撃つってことを相手に意識させて、ステキャンをBRで狩っていくという裏の選択肢もあるので、プレッシャーを与えるためにバンバン撃っていく。ダメージの検証はやってないので早いうちにやります。

ビームコンフューズ:使ってません^^wikiによると微妙に仕様変更されてて着地取りの選択肢になったとか。

変形:移動速度がとても速く、別ゲーの速度で移動できる。これはかなりのアドバンテージで、機動力が全体的に落ちたこのゲームで、覚醒以外の移動の選択肢を持ってるこいつこそ高機動万能機。

覚醒技:スイカバーだけ狙ってましたが当てられずウボァー





ザク改:火力は自重してない。ハンドグレネ投擲がなくなったことがこんなにも響くなんて…

マシンガン:なんか弾大きくなったのと、誘導が強くなってるっぽい。着地に撒いてみたけど弾が誘導して角度の浅いS字に曲がったような気がする。

グレネ・起爆:高く飛べなくなった分起爆して相手を事故らせるとか格闘拒否とかに使えなくなった。撒いて着地場所制限しつつMGで取るための武装って認識?
起爆動作にブースト消費がある?ため無料浮きができないっぽい。

ハイゴッグ呼び出し:相変わらず強力。弾速が遅くなって使用感は変わったけどその分すごく誘導するのでカットや着地取りに。よろけからMGで攻め継続できるのも前作と変わらず。





両機体とも格闘はあんまり振ってなかったので、次やるときはブンブンしてみようと思います。
しばらくはこの2機で戦っていくつもり。ゴッドはお金に余裕ができたらw
posted by KEIN at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | EXVS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。