2010年11月12日

EXVS その10 ちょっとザク改

・射撃戦

ザクマシンガンの誘導が前作並にあることで、着地取りは普通にできる。

5〜6hitでよろけるけど、よろけ中に当てた分はよろけ値無効なのも前作と同じっぽい。

よろけからさらにマシンガン当てに行くときはかなり近距離じゃないとダウンさせる前に相手が動き出すので注意。



特射は誘導が強いので、赤ロックで撒く、近距離のカット、オバヒ着地を取る、といったことに使う。

撒くのはともかく後者二つはかなり距離が近くないと間に合わない。

ダメージも補正もなかなかいいので1000コスらしく贅沢に使う。

これ撒かないと無視されて終わる。



そして今回のダメージソースであるサブ射=グレネード。

遠投、左右に転がす、真下に置く、普通投げが選べる。

使い方はかなり奥が深いので別枠で書きます。



サンタはアシストをおびき寄せる効果があるものの、ブーストが足りなくてあまり置けない。

格闘距離に寄られたらひたすら置いて逃げに使える。
積極的に使うのは対X1、F91、フォビくらい。




・格闘

終わるまでが異常に長く、出し切りは不可能。

性能も1000コス相応のため悪あがきでしか振らない。

虹ステを出すためのコマンドと割り切る。



・グレネについて
ザク改と当たって相手がまず意識するのはグレネ。

これが無ければ遠距離でザクを見る必要がなくなるから。

逆にザク改はこれをうまく使わないと無視→相方終われて死亡。


また、ステージ(地面の色)によって見えやすさが変わるグレネ。

相手の見えるところに投げてばっかなら普通に避けられるので、一工夫して投げてみる。


例↓



@自分の進む方向と左右逆に転がす

射撃戦をしていると、どのプレイヤーもステージをぐるぐる周回するように動く。

これを利用して、自分が進む方向と逆、つまり相手が来るであろう地点に置いておくように投げる。

具体的に言うと、自分が左に回るならレバー右サブを置いてから飛ぶ。

ここでサブ3つのうちはじめの1〜2コを遠投(前サブ)してから横投げすると、相手の意識からグレネが消えるのでかなり当たる。



A自分の動き始めに真下に置いていく

考え方は@と同じ。

狭いステージはもちろん、衛星イオなどで自分が高台にいるときは特に有効。

相手が高い場所を占拠しようと動くのを利用する。



B起き攻めに左右投げを活用

覚醒中はもちろん通常でも、グレネ起き攻めは有効。

相手が行きそうな方に撒いて起爆するだけの簡単なお仕事です。

このとき、相手がさっきまでどちらに周回していたかを思い出して、その方向に撒くとよく当たる。

ただし時間がかかるので、相方がタイマン苦手な機体ならこれは控えてダッシュすべき。

とどめの場面のネタとして覚えておく。



C置き攻めに真下投げを活用

ところで、自分がダウン取られて相手が自分の相方に向かったとき、どう動きますか?

きっと、起き上がり次第ガンダッシュで味方の方に駆け付けますよね。

逆にいえば、相手からダウンを取ったとき、自分と相方がもう一人の敵の所にダッシュして駆け付ければ、ダウン中の相手はきっと急いで救出に来るはずです。

このみんながやってしまいがちなガンダッシュを利用して、グレネを当てます。

ガンダッシュはダウン復帰からまっすぐ飛んでくるので高度が低く、グレネの爆風をひっかけることができるのです。

やり方は、
こちらがダウン取る
→敵相方にダッシュ
→BD1回目辺りからグレネを1〜2個真下に置いていく(ここでは敵相方を見て投げる)
→敵相方の所に着いた頃、ダウンしてた相方を見る
→ダッシュが見えたら爆弾置いた辺りで起爆!ヒャッハー!


120ダメ+分断継続とかなりのリターンを見込めます。

またこれを一回見せておくことで、相手にガンダッシュをためらわせることができ、片追いの時間を伸ばすことができるのです。



D建物にぶつけるように投げる

建物の裏からでも爆風が貫通することを利用して、相手の建物裏着地という安定行動を喰います。

これは見えるところに投げるサブに混ぜて使うこと。

見えてるサブに注目させて、隠れたサブを相手の意識から消します。

相手への精神的ダメージは相当なものなので、一戦に一回は狙ってみましょう。




@〜Dと挙げましたが、まだまだ攻略不足なのでヒント・アイデア募集中です。

これ書いてるのはしがない伍長なのでどんどん叩いてください。

posted by KEIN at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | EXVS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。